ハゲになる原因とは?

ハゲの原因いろいろ

頭髪が薄くなる原因にはさまざまなものがありますが大きく分けて、遺伝性のもの、ストレス、睡眠不足、食事の偏り、シャンプーやリンスなどがあります。

ハゲと遺伝の関係は昔から囁かれていることですが実際には薄毛の方の1/4程度が遺伝によるものと言われてります。特に母型の家系に薄毛の人がいるかどうかは、遺伝的要因に深く関わってくるようです。とはいえ、薄毛は遺伝だけによるものではなく生活習慣の方により多くの影響を受けるということもわかってきています。

髪の毛は健康な頭皮から生えてきます。頭皮は髪の毛にとって畑のようなものです。栄養豊かな畑からは健康な髪の毛が生えてきてハゲることがありません。ストレスや睡眠不足は血管を収縮する作用があります。強いストレスを受け続けていたり、睡眠不足が続いていると頭皮の血行が悪くなり髪に十分な栄養が行き渡りません。それで抜け毛の原因となってしまうのです。

また喫煙習慣も薄毛の原因となってしまいます。タバコの煙は血管を劇的に収縮させてしまいます。当然頭皮の血管も収縮して毛根に酸素や栄養が行き渡らなくなってしまうのです。

また油っぽい食事ばかりとっていると頭皮から皮脂の分泌が増えてしまい、毛穴の詰まりの原因となります。これが健康な毛髪の育成を妨げて薄毛になってしまうのです。髪の原料となる豊富なミネラルや良質なたんぱく質を充分とって髪に栄養を行き渡らせる食生活を送る必要があります。

髪にはサイクルがある

毛髪は生えてから抜け落ちるまでのサイクルがあり、誰でも一日50本程の毛髪は抜け落ちるのが普通です。髪の毛の成長が止まって抜け落ちるまでの期間は2年から5年と言われています。そのサイクルが正常な場合はハゲることはないのですが、なんらかの原因でこの毛周期が乱れてしまうと薄毛の原因となってしまうことがあります。

合わない強いシャンプーやリンスを使い続けたり、すすぎが十分でないとこうした毛髪サイクルを乱して抜け毛の原因となってしまうことがあります。毛周期を知って正しいケアを行うことで薄毛を改善することができるのです。

男性ホルモンと髪の関係

男性ホルモンと髪の毛には深い関係があります。もともと体毛は男性ホルモンが影響し、頭髪には女性ホルモンが強い影響を及ぼすとされています。男性ホルモンの分泌が活発な方は軟毛化と言って髪が成長しきらないうちに毛髪が抜けてしまうという症状が出てしまうことがあります。これが続いてしまうと若くても毛髪が育たずハゲてしまうことがあるのです。

自腹で購入して試した体験レビュー

育毛ケアの基礎知識