帽子は薄毛の原因?

薄毛になる原因を考える

男性は特に髪に悩まれている人も多いですが、男性型脱毛症の場合は改善が難しく少しずつ進行していくとされています。それゆえに早めに対策をし、できるだけ進行を抑えておく必要があります。まずは髪が薄くなる原因を知り、それに合った対策を行っていきましょう。

男性の髪が薄くなってしまう原因としては、まずは男性ホルモンの影響があげられますし、遺伝的な要素が原因となってしまう場合もあります。さらにストレスや乱れた食生活や生活習慣も薄毛の原因となります。

さらに間違ってヘアケアが薄毛を加速させてしまうこともありますし、帽子などを長時間かぶることも髪には良くないと言われているので気にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。帽子は職業柄かぶることもありますし、ファッションでもよく利用するものですので、気になるところです。

帽子は薄毛になるのか

帽子をかぶることは薄毛に本当につながってしまうのか気になるところですが、夏の強い紫外線は毛根や頭皮を傷めてしまうこととなりますので、その場合に帽子をかぶって保護することは髪を守るためには役立ってくれるものです。

そして冬は血行不良が起こりやすく、血行不良が抜け毛の原因と鳴ってしまう事もありますが、ニットの帽子などは防寒性も高く、頭皮の血行不良を防ぐのに役立ちますので、むしろ薄毛対策に役立つアイテムともいえます。

でも間違った帽子の使い方をしてしまうと髪や頭皮には負担となることもありますので、かぶり方や帽子の選び方については考えていきたいものです。

帽子で髪が抜ける原因とその対策

帽子が髪に良くないとされる原因のひとつには「ムレ」があげられます。暑い日に長時間かぶっていると、やはりムレますし、皮脂も分泌されやすくなり雑菌も繁殖しやすくなる可能性もあります。

そして、防寒性のある帽子も、サイズが小さすぎるものをかぶってしまうと頭皮の血行が逆に悪くなってしまうことも考えられますので、そのために頭皮に髪に必要な栄養素が十分行き届かないこともあるかもしれません。そして素材によっては髪や頭皮がこすれやすく、それが刺激で髪が抜けることも考えられます。

帽子による抜け毛が気になる場合は、ムレてしまったときは洗髪を丁寧に行う、血行不良が気になる場合はワンサイズ大きめのものを用意したり、帽子を脱いだあとに軽く頭皮マッサージなどを行い、血行を促進させてあげるとよいでしょう。ムレを防ぐためには通気性の良い素材のものを選ぶことなども考えていきたいものです。

自腹で購入して試した体験レビュー

育毛ケアの基礎知識