睡眠不足で受ける髪への影響

睡眠不足と髪の関係

健康な髪の毛が生えて来るために欠かせないのが健康な体です。実は髪は人の生命自体には深い影響を与えません。例え髪がパサついても、抜け毛でもハゲても病気になったり死ぬことはないでしょう。

逆に体の調子が悪くなったとき、病気になったとき真っ先にダメージを受けるのは髪・肌・爪です。これらの器官は人間の生命維持に直接的な栄養を与えないので、体はまずこの部分から切り捨てて栄養をカットしていくのです。その分の栄養やパワーを内蔵や筋肉など生命維持に欠かせない部分に集めるのが人間の防衛本能なのです。つまり健康な毛髪のためにはまず健康な体が必要で、そのために欠かせないのが質の良い睡眠ということなのです。

睡眠が及ぼす毛髪への影響

睡眠が及ぼす毛髪への影響の中で最も大きいのが成長ホルモンです。成長ホルモンとは肌や体の新陳代謝を促し健康で若々しく維持するための働き担うホルモンです。この成長ホルモンがたくさん分泌されると体全体に栄養が行き渡り、昼間ダメージを受けた組織を修復して健康に維持しなさいという指令が出ます。この成長ホルモンによって疲労のダメージ蓄積が解消されて、翌日元気な体で目覚めることができるのです。

成長ホルモンの分泌が十分だと、頭皮や毛髪にまで栄養が行き渡り、新陳代謝が活発になって健康な毛髪を育てることができるのです。この成長ホルモンは就寝後30分で急激に分泌されます。その後睡眠が深くなるタイミングに比例して成長ホルモンもたくさん分泌されます。つまり繰り返される睡眠のサイクルに応じて成長ホルモンの分泌のピークも繰り返されるのです。少なくとも6時間以上は睡眠をとることでたっぷりとした成長ホルモンの恩恵を受けることができるのです。

質の良い睡眠とは

では抜け毛を防いで健康な髪づくりをする質の良い睡眠をとるためにはどのようなことをすればいいのでしょうか。まず、入浴後髪の毛をしっかり乾かすことも抜け毛予防には大事です。

生乾きだと髪同士が擦れてキューティクルが傷んでしまうこともありますし、なにより冷えてしまうので頭皮の血行が悪くなったり風邪をひいてしまうこともあるからです。短い髪でもきちんと乾かして就寝しましょう。寝る前にパソコンやスマホなどのモニタを見るとブルーライトの刺激により目が冴えてしまって入眠を妨げてしまうので寝る前1時間はモニタを見ないようにしましょう

就寝前のくつろぎタイムには明かりを落とすことで質の良い眠りをもたらしてくれるメラトニンが分泌されます。カーテンをしっかり閉めて静かな空間を作ることで質の良い睡眠を取ることができます。朝になったら太陽の光をしっかり浴び、体を目覚めさせることも正しい生体時計の維持に大事な要素です。

自腹で購入して試した体験レビュー

育毛ケアの基礎知識