育毛の効果を阻害する要因

育毛を効果的に継続するために

育毛は以前よりもずっと進化して本当に発毛促進できたと実感する方が増えています。ミノキシジルやフィナステリドなど有効な発毛剤も開発され、高い効果を発揮することができ、薄毛の悩みから解放されたという方の喜びの声がある一方、これらのケアを行ってもなかなか効果を実感できないという方がいることも事実です。

それでは効果を実感出来た方とできなかった方ではどのような違いがあったのでしょうか。それは育毛の効果を阻害する要因の対策をとっていたかどうかにつきます。

育毛を阻害する要因とは

ミノキシジルやフィナステリドを使ったり薄毛ケアをされても効果が実感できないという方にはタバコを吸っている方が多いと言われています。タバコは百害あって一利なしと言われていますが、こと毛髪についても同じ事が言えるのです。タバコを吸うとスーッとリラックスできるのは実は全身の血管がニコチンの作用により収縮していることが原因です。心にはリラックスになるこの収縮は頭皮と毛髪にとっては大きなダメージとなります。

血管が収縮して血行が悪くなると髪を生み出す毛乳頭に十分な栄養が行き渡らずに、毛髪が育たなくなってしまい毛周期が乱れてしまうのです。またタバコの一酸化炭素は血液の赤い源となっているヘモグロビンと結びつくので血液中の酸素そのものが薄くなってしまうというデメリットもあります。毛髪のためには直ちに取りやめたいのが喫煙習慣なのです。

次に食事についてです。古くから日本人が食べてきた和食に変わり、肉や油を使った料理を食べる機会が増えてきました。食事の欧米化に伴い脂っぽい食事が増えることで血中のコレステロールが増え、血液の流れが悪くなると、頭皮の健康を損ねてしまうのです。また、外食が多いという方も髪の健康を損なう原因になってしまいます。

外食はカロリー過多で、良質なたんぱく質、ビタミン・ミネラルなどの栄養バランスが崩れた食事になりがちです。髪の元となる栄養はたんぱく質、ミネラルなどまさに外食で不足しがちなものです。健康な髪の素を取るには外食を避け、できるだけ野菜や海藻、大豆や魚などを食べて良質なたんぱく質やミネラルを摂取しなければいけません。

生活習慣も見直そう

また育毛のために欠かせないのは規則正しい生活です。十分な睡眠、適度な運動、入浴は全身の血行を良くして健康に保つ働きがあります。これらのすべてのことが抜け毛を防いで頭皮の環境を守り、健康な毛髪を生み出すサポートをしてくれるのです。

自腹で購入して試した体験レビュー

育毛ケアの基礎知識